SOHO Windows Small Business Server 道具箱

SOHO、Microsoft Windows Small Business Server(SBS) 2003 R2

普通にコピーじゃダメなんか?(FreeBSD)

自宅内に、WEB開発用のFreeBSDサーバーを立ててみた。

ミラーリングというか、バックアップは、とあるサイトを参考に、dump とかいうコマンドを使って、IDE Master HDD から IDE Slave HDD に、ハードディスク全体のバックアップをとることにした。

UNIXなんて、20年位前にちょっと使っただけだから、ほぼ素人。

FreeBSD: dump file system is full

最初の数回は、何の問題もなかったのだけど、写真のように、『 ディスクがいっぱいだから、新しいボリュームをマウントするけど、準備はいい? 』って、都合、15回ぐらい聞かれた。

これじゃあ、cron で自動実行できないじゃん。

自動的に "yes" って返答してくれる、サイレントモードみたいのあるのかな?

大体、dump っていうコマンドとオプション引数の意味を理解せずに、真似して使ってるからなぁ。

ちなみに、こうゆうコマンド、4個。
dump -0uaLC 32 -f /backup/usr.dump /usr

普通にコピーじゃ、ダメなんだろうか?
Windowsの xcopy とか robocopy みたいなコマンドはないのか?

【追記】 Windows の xcopy とか robocopy みたいなコマンドとしては、rsync でしたね。

【追記】 結局、HDDのミラーリングは、GEOM mirror (gmirror) で ソフトウエアRAID1 にしました。 すごい簡単に設定できました。 本記事に書いた苦悩は何だったんだ?というくらい。

JUGEMテーマ:サーバー
| SBS 2003 管理者 | FreeBSD | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< SBS2003導入に役立った本(書籍) | main | サーバー・マシンの頑健性はスゴイ >>









http://soho-sbs.dogubako.com/trackback/804224
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ