SOHO Windows Small Business Server 道具箱

SOHO、Microsoft Windows Small Business Server(SBS) 2003 R2

後日談:SEP 11のアイコンに緑色の丸いマークが付かない

以前の記事『Symantec Endpoint Protectionのアイコンに緑色の丸いマークが付かない』で、Adobe Reader Speed Launchが、Symantec Endpoint Protectionのトレイアイコンに緑色の丸いマークが付かないことの原因だと書いた。

ところが、何日か様子をみていると、必ずしもそうではないことがわかった。

結局、Adobe Reader Speed Launchは、最後の引き金を引いただけで、他にもたくさんの要因が積み重なっているようだ。

Windows起動時には、いろいろなサービスや、常駐プログラムが起動される。そのたくさんの処理の合間でSymantec Endpoint Protectionクライアントが起動するわけで、ちょっとしたタイミングのずれで、SEPクライアントがSEPM(サーバー)にログオンできず、オフライン(スタンドアロン)状態になってしまうわけだ。

本当のところ、根本的な解決策かどうかはわからないけど、SEPマネージャー・コンソールで、SEPクライアントがSEPMに情報の更新を取りに行く(プルする)ハートビート間隔を、調整すると、毎回、緑色の丸いマークが、Windows起動時にきちんと付くという状態になった。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| SBS 2003 管理者 | Symantec Endpoint Protection | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 【要注意】バックアップメディアをUSB外付けHDDにしている場合 | main | SBS2003導入に役立った本(書籍) >>









http://soho-sbs.dogubako.com/trackback/742118
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ